テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年01月号

同時配信の議論は少しずつでも進んだか…情報通信審議会・放送コンテンツ委員会(村井委員会)第10回をレポート〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第12回》〜

2018年01月30日 10:09 by sknsdys

 1月25日、TKP赤坂駅カンファレンスセンターで情報通信審議会 情報通信政策部会 放送コンテンツの製作・流通の促進等に関する検討委員会(いわゆる“村井委員会”)の第10回が開催されました。今回の議題は、①放送コンテンツ権利処理タスクフォースからの報告、②NHKから平成29年度試験的提供Bの取組(同時配信実験)についての報告の2題です。新たな論点が明らかになったというより、同時配信を実現するための現状の整理と把握という性格を強く感じました(今回の資料はすでに公開されていますので、同時に参照ください)。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

AMラジオの明日はどっちだ〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第26回》〜

2019年03月号

ローカル局の多様な在り方を探る〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第25回》〜

2019年02月号

ローカル局の現在地とは〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第24回》〜

2019年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...

2020年06月号

アフターコロナへ、日本中が動き出した。もちろん、それは元どおりの世界ではな...

2020年05月号

With Corona。コロナは当面のさばり続ける。しばらくは、共に生きる...