テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年01月号

新たな成長軌道がはっきり見えてきた日本映画界〜2017年の日本映画興行データ発表〜

2018年01月26日 15:58 by sakaiosamu

ポイントは、2017年の数値の2015年との比較

毎年1月下旬に日本映画製作者連盟が集計した前年の映画興行のデータが発表される。今年も昨日1月25日に数字が出てきた。

2001年からのデータをグラフにしたのがこれだ。青い線が邦画、赤い線が洋画、緑が合計だ。


※日本映画製作者連盟の発表を元に筆者が作成したグラフ

2017年を2016年とだけ比べて見ると、興行全体が2355億円から2285億円に下がっている。邦画としても1486億円から1254億円に大きく下がってしまった。一方洋画は869億円から1030億円に上がったので、「洋画の攻勢か?」と言いたくなるのだが、ちょっと違う。

なにしろ2016年は「君の名は。」「シン・ゴジラ」のメガヒットがあった。付け加えて言うと「この世界の片隅に」という小規模公開ながら異例のヒットを果たした作品もあった。2016年はやや”異常値”だったのだ。

ここはむしろ、2015年と比べたほうが把握しやすい。すると、全体も、邦画も洋画も順調に伸びたことがわかる。

さらに2001年以降の長期の視点で見ると、ひょっとしたらと思うことがある。少々主観的になるが、書いておきたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

この国のテレビは、未来を選べなかった。〜2020、テレビのディスラプションが始まる〜

2020年01月号

同時配信ストップ、NHKの大幅譲歩に総務省はどう出るか?

2019年12月号

InterBEEで細かすぎて伝わらなかった「それぞれのイマ」を頑張って伝えてみる

2019年11月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年01月号

2020年がやって来た。だがテレビはどうだろう?同じ未来にたどり着いたか?...

2019年12月号

どうしようどうしよう、とオロオロしていてもはじまらない。いままでのやり方で...

2019年11月号

メディアはすでに、次のステップへと走り出した。そう実感させられることが次々...