テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2018年01月号

新たな成長軌道がはっきり見えてきた日本映画界〜2017年の日本映画興行データ発表〜

2018年01月26日 15:58 by sakaiosamu

ポイントは、2017年の数値の2015年との比較

毎年1月下旬に日本映画製作者連盟が集計した前年の映画興行のデータが発表される。今年も昨日1月25日に数字が出てきた。

2001年からのデータをグラフにしたのがこれだ。青い線が邦画、赤い線が洋画、緑が合計だ。


※日本映画製作者連盟の発表を元に筆者が作成したグラフ

2017年を2016年とだけ比べて見ると、興行全体が2355億円から2285億円に下がっている。邦画としても1486億円から1254億円に大きく下がってしまった。一方洋画は869億円から1030億円に上がったので、「洋画の攻勢か?」と言いたくなるのだが、ちょっと違う。

なにしろ2016年は「君の名は。」「シン・ゴジラ」のメガヒットがあった。付け加えて言うと「この世界の片隅に」という小規模公開ながら異例のヒットを果たした作品もあった。2016年はやや”異常値”だったのだ。

ここはむしろ、2015年と比べたほうが把握しやすい。すると、全体も、邦画も洋画も順調に伸びたことがわかる。

さらに2001年以降の長期の視点で見ると、ひょっとしたらと思うことがある。少々主観的になるが、書いておきたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

結局は放送業界に宿題が課された〜規制改革推進会議第3次答申、発表〜

2018年06月号

VODはキャズムを超えたか?〜デジタルコンテンツ協会・有料動画配信市場予測より〜

2018年05月号

放送改革論議に、「人びと」の視点はあるか?

2018年05月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号

メディアの変化は加速し、嵐のように迫っている。どんな嵐が起こるのか?嵐が去...

2018年09月号

メディア維新とでも呼ぶべき動きがいま、静かに巻き起こりつつある。それはメデ...

2018年08月号

メディア界もまるで明治維新のような大きな変化が起きようとしている。地上波で...