テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2017年12月号

新たなフェーズに入った「放送を巡る諸課題に関する検討会」第17回会合を詳報〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第11回》〜

2017年12月31日 23:21 by sknsdys

 すでに一部メディアで報道されていますが、さる12月25日に放送を巡る諸課題に関する検討会第17回会合が開かれました。前回の9月開催から3ヶ月以上おいて開催された今回は、年末にもかかわらず会場の総務省省議室に傍聴者が入りきらず、別室にサテライト会場を設けるほど盛況。業界関係者の高い関心が伺えます。
 議論の内容は境さんがYahoo!で解説しているとおりです。本稿では、各構成員からの意見を中心に詳細をレポートしたいと思います。
 NHKからのプレゼンテーションは、①同時配信実験「試験的提供B」の結果(速報値)発表、②NHKグループの効率的な業務運営について、③受信料裁判 最高裁大法廷判決についての3題です。資料はすでに総務省サイトで公開されていますのでご参照ください。発表の多くの時間が実験の結果発表に割かれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

AMラジオの明日はどっちだ〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第26回》〜

2019年03月号

ローカル局の多様な在り方を探る〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第25回》〜

2019年02月号

ローカル局の現在地とは〜関根禎嘉連載・メディアイベント右往左往《第24回》〜

2019年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...