テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年10月号

テレビCMにPDCAサイクルを持ち込めるか〜IBMのWatsonを活用した広告マネジメントシステム〜

2016年10月21日 14:11 by sakaiosamu

9月7日付のリリースで、こんなニュースが配信された。

「朝日広告社、テレビメタデータと人工知能を活用したキャンペーンマネジメントの実証実験を実施」

リリース文によると、「テレビCM反応者のパーソナリティをリアルタイムで解析」「パーソナリティに最適化してメディアとクリエイティブをコントロール」というのだが、どうもいまひとつ具体的にわからない。だがIBMのAI技術であるWatsonを使うとあるのが目を引いた。

テレビCMの分析にAIを使うのは興味深い。そしてIBM側でこの仕組みの開発に携わったのが、岸本拓磨氏であることもさらに私の関心を引いた。

岸本氏はもともと朝日放送で長年仕事をしてきたテレビマンで、在籍時から領域を飛び越えたボーダーレスな動きをしていた。MediaBorderの勉強会でも、常連メンバーだったのだが今年4月にIBMに移籍していた。半年でいきなり、新しい取組みに挑んでいるとは頼もしい。


そこで、岸本氏に取材し、この仕組みについて詳しく解説してもらった。(ここから先は、登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ハピキャン」は番組DXのモデル事例になる?試行錯誤の末に何が見えたか

2020年10月号

「書道甲子園」の華やかさと、町おこしとの間の距離

2019年09月号

MBC南日本放送・中村会長はコピーライター。「公共性でメシを食う」の意味は?

2018年09月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号

コロナ禍はまだまだ続き、メディアの苦難も終わらない。やって来た秋が静かに深...

2020年09月号

夏は終わりのはずなのにまだまだ猛暑はつづき、コロナもピークは過ぎたようだが...

2020年08月号

遅い遅い梅雨明けの後には、キツい日射しの夏が来た。コロナのキツさも相まって...