テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年10月号

視聴率調査が変わり、テレビの価値は拡張するのか?(1)ビデオリサーチの新しい調査大系

2016年10月05日 11:47 by sakaiosamu
2016年10月05日 11:47 by sakaiosamu

ビデオリサーチ社はこの10月から、これまでの視聴率調査の大系を変える。これはすでに、昨年12月の同社のフォーラムの場で発表されたことで、その時の宣言をいよいよ実現するのだ。

発表済みのこととは言え、なにしろこれまで数十年変わらず続いてきた調査方法が変わるのだから、歴史的変化だと言える。それに今回の変化がテレビ局の現場に何をもたらすのかは、やってみないとわからないことが多そうだ。そのうえ、この10月の変化でおしまいではない。ビデオリサーチとして、さらに多様な調査に取り組むことも発表済みだ。

加えて重要なのは、視聴率調査についていま多様なプレイヤーが参加し、それぞれ独自の手法で測定をしようとしていることだ。

これから、テレビの価値を測るモノサシは世帯視聴率だけではなくなろうとしている。

ただし、ビジネスを動かすのが基準値としてのビデオリサーチのデータであることは変わりない。そこに別の数値をどう加えて何を見出すのかが問われるのだろう。言ってみれば、X軸だけだった価値判断が、Y軸やZ軸も加わることで立体的になるのだ。

この稿では、ビデオリサーチ社の調査の変化を解説しておきたい。

このチャートは、昨年12月のフォーラムで発表されたビデオリサーチの「これからの視聴測定」の概要を元に私が作成したものだ。

この10月で何が変わるのか、その後何に取り組むかが示されている。そのポイントは何だろう。(ここから先は登録読者のみ)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

既存メディアにとって、昨日のライバルはもはやライバルではない〜「NHK受信料騒動」を振り返って〜

2022年09月号

テレビはネットの補完になった〜考察:日本の広告費2021〜

2022年02月号

放送ネットワークは誰のためのものか

2022年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号

酷暑の陽射しが人々を焼き焦がさんばかりに照りつける。メディアにとっても厳しい夏…

2022年07月号

4月以来、ゴールデンタイムの視聴率が急減しているという。メディアに立ち込める暗…