テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年05月号

みんなに愛されたい!その思いが結実したガラポンTV伍号機〜保田歩社長は熱く語る〜

2016年05月31日 14:48 by sakaiosamu

MediaBorder読者なら、ガラポンTVの概要はご存知と思う。簡単に言うと、ワンセグ全録をリモート視聴するシステムだ。黒い筐体のハードを買うと、ソフトウェアとともにシステム全体を利用できる。

ガラポンTVがあれば、「昨日の○○○で△△△が×××しちゃったんだって!」と放送後の番組がネットで噂になった時、スマートフォンで簡単に視聴できる。見逃していた面白いテレビ番組をチェックできるのだ。ワンセグだからこその気楽な利用が実現できている。

その概要を簡単に説明する映像があるので、よく知らない人は見てもらうといいだろう。

そのガラポンTVの伍号機が5月20日に発売された。当日の発表会に行けなかったので後日、保田歩社長に時間をもらい、開発の背景などをじっくり聞いてみた。伍号機の新しい機能がよくわかっただけでなく、保田社長のガラポンにかける思いがあらためて理解できた。それは、「みんなに愛されたい」という強く熱い思いだった。

「伍号機で何が変わったかと言うと、いままで”買わない理由”とされていたことを改善したのです。」

ガラポンTVは買った人の評価が高く手放せなくなるとよく聞く。ガジェットにこだわる人ほど、よくできていると認めるようだ。だからこそ、”ここが気になる”という細かな点への指摘も出てくるのだろう。ではその”買わない理由”とは何だろうか。

「一部の人から”え?ワンセグなの?”と言われてきました。我々としてはワンセグだからこそ価値があると考えているのですが、どうしても”だったら画質がよくないんだ”と指摘する人がいる。そこで、フルセグ対応したんです。」

これまでの8ch全録に加えて、オプションで1chフルセグ録画できるようになった。詳しいことはあとで詳述しよう。

「もう一点よくなったのは、クオリティです。ハードウェアメーカーとしてのモノづくりクオリティの底上げを達成しました」

ガラポンTVは、ハードウェアありきのサービスだ。そのモノとしての側面に今回はかなり力を入れたという。

「ガラポンについて、95%ぐらいの人は”サイコー!”と言ってくれます。残り5%くらいの人がゴミだと言うんですね。その5%の人に対応したかった」

ネットでのコメントの話なので、”ゴミ”という言葉も書く人がいるようだ。それにしても、何を酷評し、それをどう克服したのだろうか。(ここから先は登録読者のみ) 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

指標を共通化することで、メディアの価値は高まる〜デジタルコンテンツ視聴率についてニールセンデジタル・宮本社長に聞く〜

2018年07月号

テレビCMのオンライン送稿、10年前からの課題がようやく具体化しはじめた

2018年03月号

Paraviは動画配信サービスを超えるか?〜4月のサービス開始に向けてPPJに取材した〜

2018年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号

メディアは長らく、過渡期と言われてきた。だがこの秋、過渡期は終わるようだ。...

2019年08月号

長い長い梅雨が明けると、灼熱の夏が待っていた。オーブンのような日差しにさら...

2019年07月号

梅雨が続き、九州は特に記録的な豪雨に見舞われており心配だ。だがこんな憂鬱な...