テレビとネットの横断業界誌 Media Border

2016年02月号

VOD利用者は急増している?SVODも利用時間が増えている?〜調査結果についてニールセンに直接聞いてみた!

2016年02月09日 19:38 by sakaiosamu

読者のみなさんは、この記事を読んだだろうか。1月26日付の、ニールセン社のプレスリリースだ。

→TV局系VODのスマホからの利用者数は500万人超、TVERは約250万人〜ニールセン、日本のビデオオンデマンドのスマホ、PCからの利用状況を発表〜

ええー?そんなにたくさん?と驚いた方も多いだろう。2015年11月のデータを解説したもので、TVerはまだ登場したばかりだ。テレビ局のVODサービスと、dTVやhuluなどSVODサービスの利用状況について、以下の3つのグラフが掲載されていた。

※いずれも上記のニールセン2016年1月26日付プレスリリースより

TV局系VODもSVODも、利用者数が多いなあと筆者は感じた。それにしても、このグラフはどういう調査をしたのか、もう少し細かく聞きたい点が多々ある。さらにはSVODでNetflixの存在が見えないのも気になる。

知りたいことは直接聞くに限る!ということで、さっそくニールセン社にコンタクトし、詳しい話をお聞きしたいとお願いした。

調査を担当したシニアアナリストの高木史朗氏と、シニアマネージャー西村総一郎氏にお話をうかがうことができた。お二人のお話をもとに、グラフについて解説をしていきたい。さらに、その取材とは別に入手した、SVODについての新しい動きもお伝えしようと思う。(ここから先は登録読者のみ)

シニアアナリスト・高木史朗氏(左)とシニアマネージャー・西村総一郎氏(右)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

テレビは面白いほうがいいのか、コロナでわからなくなってきた〜インテージ調査より〜

2020年06月号

テレビ局は、売上をどれだけ下げずに済むかの期間に突入

2020年05月号

コロナ時代のテレビはどう変わるのか、どう生き残れるのか。

2020年04月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号

第2波が迫る中、コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。メディアの役割...

2020年06月号

アフターコロナへ、日本中が動き出した。もちろん、それは元どおりの世界ではな...

2020年05月号

With Corona。コロナは当面のさばり続ける。しばらくは、共に生きる...